好きな事を仕事に、の真意と私の解釈

こんにちは!山本です。

今朝は、通園バスに乗り遅れたので
園まで30分、強制散歩。笑

おかげで
ステキな季節の贈り物がみれた!!

この色々な光の反射具合とか
フワッとした香りや朝の風の感じってのは

デザインや写真じゃ
どうしても役不足。。

でも私は、
昔から、
コレを、
いろんな人に伝えたくて。。。

体の奥からジワリとくる
この感動を伝えたくてね

外に出てカヤックガイドしてみたり
キャンプ企画してみたり
中高の理科のICT教育の開発に携わってみたり
お役所に入って環境の人への影響を
調べたり伝えに行ったり。。

いろんな形で
自然の魅力を伝えることに
触れてきた。

仕事としては、ぜんっぜん違うカタチ。

でも実は、「核」は変わってないんだよね。

ただ、仕事を変えただけ。

ただ、自分の「好き」って気持ちで
何十種類の職種についてきたから
炙り出てきた、核。

やっぱりね。
だからかぁ。
結局そうだよね。

核が見えるまでは
給料で仕事選びなんかするもんか!
東京でなんて自然の魅力は伝えれない!
なんて、悔しい気持ちで日々過ごしてた。

たまたま出会った、自分の棚卸し作業。

個人事業をすると決めると必ずおこなうけど
これって、自分の「核=好き」を
深く、深く、見つめ直す作業だったのか
と想うようになり。
私…ブレブレな人生だと思ってたけど

何にもブレてないことに
気付かせてもらえた。笑

webデザインって
仰々しく飾ったり、良いように見せつけたり
創りものだけの世界じゃなくて

良いものは良いっていう想いを
伝える・繋げることができるアイテムなんだ。

と気付いてしまった瞬間、

自然に触れることで感動できる場は
日本全国たっっっくさんある。

そこに役立てるアイテムかもしれない…
と思わずにはいられませんでした。
一見、自然とは真逆に見えるから
気付かずに過ごしていたけど。
気付いちゃったので
webデザイナーになろうと決意できました。

自然の魅力を
現場に出て伝えるのも楽しかったし
そのおかげでデザイン感覚が
すんなり受け入れることができたのは大きい。

私は現場からは逃げちゃったけど
ボランティアではなく
あえて仕事にして、低給与を我慢して
どうしてもその魅力を伝えたいんだ!


「好きを優先する」
事業者さんやスタッフさんも
まだまだたくさんいらっしゃる。

実際の現場を体験してたから尚更ですが

私は「経済から目を逸らさず」に
「自分の好き」を貫き通してる方を
本当に尊敬してます。

うん、本気、熱いヒトは
いまでも大好きです。笑

なのでwebデザインも、、

テキトーでいいから!
なんとなく、、安いから、、、
多くお金支払うからとりあえずつくっといて!

などのwebページご依頼は
ゴメンなさい、私もチカラ抜いちゃう…笑
ので、お受けしないと決めています。

だって、そんな自分、、嫌だもん…苦笑

こどもたちには、
そこだけは、(だけ?)
背中を見せ続けていきたいな〜
と想う年子ママ兼webデザイナー でした。。

コメントを残す